メーガン妃の運命ドレス、答え合わせ

May 19, 2018

  

さて、答え合わせのお時間。

 

5月19日の正午(現地時間)にウィンザー城のセントジョージ礼拝堂で愛と忠誠を誓ったハリー王子とメーガン・マークル。

晴れて、Duke and Duchess of Sussexとなったお二人ですが、英国だけでなく、世界中が祝福したRoyal Wedding Weekendでした。

 

注目は、様々な予想が飛び交った、メーガンがどんなドレスを選ぶのか?という「メーガン、ドレス問題」。

 

シックでクラシックかつクリーンなドレスにあわせたヴェールはなんと約5メートル。

 

実はこのミニマルなドレス、Romona Kevezaの予測がドンピシャで当たっていました。

 

4月のNYブライダルウィークで、メーガンをイメージしたドレスをお披露目したRomona Keveza。

これが、まさに的中!

NYだけでなく世界的に有名なウェディングドレスバイヤーのMark Ingram氏もインスタグラムに早速「(メーガンのドレスと)Romona Kevezaのこのドレスまさにそっくりじゃない?」と驚きの投稿をしていたほど。

 

 

そして、セカンドドレスにメーガンが選んだのは、Stella McCartneyデザインのハイネック×バックレスドレス。バックスタイルとフロントスタイルで、女優業としてのキャリアを築き上げたメーガン(バックスタイル)が王室の一員として一歩を踏み出した姿(フロントスタイル)の両面が現れているかのようでした。

 

靴は、Aquazzuraのシンプルなサテンのシューズ。

 

 

 

さあ、Meghan Effectはウェディング業界にどんなインパクトをもたらしてくれるのでしょうか。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​© 2019 PRET A WEDDING All rights reserved

Managed by PRESENT AND COMPANY AMERICA LLC

  • Black Instagram Icon
Screen Shot 2019-06-20 at 11.27.50 PM.pn